産業廃棄物の積み替え保管

産業廃棄物の積み替え保管とは、収集し運搬した産業廃棄物を別の車に載せ替えたり、一時的に倉庫などに保管しておくことをいいます。

輸送コスト削減などのため、ある一定の場所に貯めた後、まとめて運搬するわけですが、「積替え保管あり」で産業廃棄物収集運搬業の許可を取得しなければ積み替え保管はできません。

保管場所については、様々な基準をクリアする必要があり、また自治体などの許可も必要になります。

そのため大変な手間と時間が必要になりますので詳しくはご相談ください