産業廃棄物収集運搬業許可の基礎知識


特別管理産業廃棄物とは

産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性その他の人の健康又は生活環境に係る被害が生ずるおそれのある性状を有するものは、特別管理産業廃棄物として別に定められており、その種類及び内容は下記のとおりです。
 特別管理産業廃棄物は、排出されてから処理されるまでの間、常に注意して取り扱うこととされており、排出事業者に対しては、特別管理産業廃棄物管理責任者の選任など、通常の産業廃棄物と比べ特別な管理及び処理方法が義務付けられています。

1.引火性廃油 :産業廃棄物である揮発油類、灯油類、軽油類(引火点が70℃未満の廃油)

2.腐食性廃酸 :水素イオン濃度指数(pH)が2.0 以下の廃酸

3.腐食性廃アルカリ :水素イオン濃度指数(pH)が12.5以上の廃アルカリ

4.感染性産業廃棄物 :医療機関等から排出される、血液、使用済みの注射針などの、感染性病原体を含む又はそのおそれのある産業廃棄物

5.特定有害廃PCB等、特定有害PCB汚染物、特定有害PCB処理物:
廃PCB及びPCBを含む廃油、紙くずのうちPCBが塗布され、又は染み込んだもの、汚泥、木くず若しくは繊維くずのうちPCBが染み込んだもの又は廃プラスチック類若しくは金属くずのうちPCBが付着し若しくは封入されたもの、陶磁器くず、工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたコンクリートの破片その他これに類する不要物のうち、PCBが付着したもの、廃PCB又はPCB汚染物を処分するために処理したもの

6.特定有害廃石綿等:建築物・その他の工作物から除去した飛散性の吹き付け石綿、石綿含有保温材及びその除去工事から排出されるプラスチックシートなどで石綿の付着しているおそれのあるもの、大気汚染防止法の特定粉じん発生施設を有する事業場の集じん施設で集められた飛散性の石綿など

7.特定有害指定下水汚泥、特定有害鉱さい、特定有害ダスト類(ばいじん)
特定有害燃え殻、特定有害廃油、特定有害汚泥、特定有害廃酸、特定有害廃アルカリ:
政令別表で定める施設などから発生し、カドミウム、シアン、有機燐、鉛、6価クロム、砒素、水銀、PCB、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ジクロロメタン、四塩化炭素、1,2-ジクロロエタン、1,1-ジクロロエチレン、シス−1,2-ジクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタン、1,1,2-トリクロロエタン、1,3-ジクロロプロペン、チウラム、シマジン、チオベンカルブ、ベンゼン、セレン、ダイオキシン類などの有害物質を含んでおり、その溶出試験又は成分試験の数値が判定基準を超えるもの。