廃タイヤ(産業廃棄物)の適正処理について


平成23年4月1日から廃棄物処理法の改正により、産業廃棄物である廃タイヤ(営業用の自動車から取り外した廃タイヤ)の処理を受託するときは、産業廃棄物処理業の許可が必要となります

今までは廃棄物処理法で定められた「産業廃棄物広域再生利用指定制度」により、環境大臣の指定を受けたタイヤ販売店等では、産業廃棄物処理業の許可なく、産業廃棄物である廃タイヤの引き取り(処理の受託)をすることができました。

平成23年4月1日以降は廃棄物処理法の改正により、この制度が廃止され、他の産業廃棄物と同様に、産業廃棄物である廃タイヤの引き取り(処理の受託)をするには、産業廃棄物処理業の許可が必要となります。

@ 産業廃棄物処理業の許可(収集運搬業許可)を取得→ 処理料金を徴収して、廃タイヤの引き取り(処理の受託)をすることができます。

A 「タイヤ交換時」や「下取り」により廃タイヤを無償で引き取り→ タイヤ交換という販売店の事業活動に伴って排出された廃タイヤを無償で引き取ることや、タイヤ販売時に下取りとして無償で引き取ることは問題ありません。