廃棄物の処理及び清掃に関する法律及び関係法令の改正について


平成23年4月1日から廃棄物処理法が改正されることになりました。

これにより今まで、産業廃棄物の収集運搬を行う場合は、積卸しを行う全ての都道府県及び政令市の業の許可を取得する必要がありましたが、 今回の改正により、同一県内で一の政令市の区域を越えて業を行う場合には、原則として県許可に一元化されることとなりました。

※ただし政令市の区域内で積替え保管を行う場合は政令市の許可が必要となります。

複数の県や市町村で収集運搬業を行う場合、これまでは別々で許可を受け、5年ごとに更新しなければなりませんでしたが、今後は原則として、 都道府県の許可を受ければよいこととなり、許可の手続が合理化されることになります。