1,4-ジオキサンを含む廃棄物が特別管理産業廃棄物に追加されます!


廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令により、平成25年6月1日から特定の施設から排出される一定濃度以上の1,4-ジオキサンを含むばいじん、廃油(廃溶剤)、廃酸、廃アルカリを特別管理産業廃棄物に追加されることになりました。

このため,平成25年6月1日以降に一定の「1,4-ジオキサン」を含む産業廃棄物の処理(収集運搬を含む。)を業として行うためには,特別管理産業廃棄物処理業の許可を受ける必要があります。

特別管理産業廃棄物に追加される廃棄物は次のとおりです。
「汚泥」「ばいじん」・・・1,4-ジオキサンの溶出濃度が0.5mg/Lを超えるもの
「廃酸」「廃アルカリ」・・・1,4-ジオキサンの含有濃度が5mg/Lを超えるもの
「廃油」・・・廃溶剤(1,4-ジオキサンに限る。)
上記廃棄物を処分するために処理したもの
廃酸、廃アルカリに該当する場合・・・1,4-ジオキサンの含有濃度が5mg/Lを超えるもの
それ以外の場合・・・1,4-ジオキサンの溶出濃度が0.5mg/Lを超えるもの